楽しく美味しく「お菓子」を食べる(1)
   〜お菓子の種類と食べ方のコツ〜



みなさんこんにちは。フードコーディネーターの黌農祐子(こうのう ゆうこ)です。今回から3回にわたって「お菓子」をとりあげてみたいと思います。子どもたちの食べるものに関心をお持ちの方ほど「スナック菓子やジャンクフードはダメ」「手づくりのお菓子で」とお考えの方も多いでしょうが、お弁当づくりと同様、子どもとお母さんの身体と心の負担にならないように、ちょっとしたコツをお伝えできればと思っています。ご家庭でおつくり頂けるレシピもご紹介して参りますので、ぜひお試しくださいね。

お菓子を分類してみましょう

さて、一口に「お菓子」といっても、様々なものがあります。まずは、普段私たちが口にしている「お菓子」を3つの角度から分類してみます。お菓子を分類してみると





普段何気なく食べる事の多いお菓子も、こんな風に分類することができます。
これをみると 

「スナック菓子はジャンクフードだから良くない」

「手づくりのお菓子が一番良いに決まってる」

と感じる方もおおのではないでしょうか。でも、私は決してどれが一番とは言えないと思っています。忙しい時・時間の無い時に義務感から「手づくり」するよりは、市販のお菓子を親子で美味しく食べた方が心の栄養になる場合もありますし、「忙しいのにあなたの為につくったのよ!」という無言のオーラが出ていては、子どもたちはたまったものではありません。







量を増やさない為のコツ
         「甘いもの+塩辛いもの」は禁物です



注意すべきは量と頻度です。食べる量と頻度に注意すれば、いろんなお菓子を楽しく食べること、食べさせる事ができます。そして、この「量」を増やさないコツのひとつに「甘いお菓子」と「塩辛いお菓子」を一緒に食べない事があります。

塩辛いものと甘いものを交代に食べると、あと水分さえあれば半永久的に食べられてしまいます。水分も、それが甘いジュースだとポテトチップスとサイダーの組み合わせのようにいくらでも食べられてしまいます。大人もそうですよね。ケーキの後に柿の種 果物の後にポテトチップス などなど食べ方にも量が増える原因があるんですね。



さて、次回は、「食べる量を把握するコツ」と「ママの安心の裏に潜む本当の問題」につ
いてお伝えしようと思います。



ソイチョコムース? ソイチョコアイス? 」
                      ソイ=大豆です♪

【作り方】

1 お豆腐1丁(絹ごし)を潰してどろどろにする。

2 チョコレート(1〜2カケ)をレンジでとかして1に入れて混ぜる

これだけ!!


【楽しみ方】

[笋笋靴討海里泙淇べる(チョコの力で固まります)

▲潺サーで泡立ててムースにして冷やして食べる

このまま冷凍庫で固めてアイスに
(途中であわだてながら冷やし固めても美味!)

え?こんなに簡単なレシピで美味しいの?とお感じのみなさん。ぜひお試しください。ほんとうに少しのチョコレートで満足できて、身体に嬉しいお豆腐も頂けます。

フードコーディネーター
黌農 祐子







運営企業新規会員(無料)募集広告掲載について利用規約プライバシーポリシーヘルプQ&Aお問い合せ